家電

【TaoTronics LED TT-DL13 レビュー】勉強やパソコン作業などマルチに使えるデスクライト

更新日:

前回はパソコン作業用のデスクライトとして「SMOZZIL LEDデスクライト」を導入してみた記事を紹介しました。

関連
【SMOZZIL LEDデスクライト レビュー】コードレスで使える電気スタンド

夜パソコンをするときに部屋の電気では明るすぎるため、局所的に明かりを照らすことができる「デスクライト」の導入を検討していました。 今回購入したのは「SMOZZIL LEDデスクライト」です。 デスクラ ...

続きを見る

このデスクライトが思った以上に使えたため、他の製品が気になり始め物色していました。

そこでAmazonでも評価が高い「TaoTronics LED TT-DL13」を購入してみることにしました。

今回はこのデスクライトの特徴から、実際に使ってみて感じたことを紹介したいと思います。

特徴

  • 5種類の色温度
  • 7段階の明るさ調整
  • 可動域の広さ

【TaoTronics LED TT-DL13】製品仕様と外観

製品仕様

  • サイズ:43 x18 x18 cm
  • 重量: 835g
  • 型番:TT-DL13 FR
  • 光源:LED
  • 使用寿:50,000hour

本体カラーはホワイトを選択。

見た目はスタイリッシュそのもの。

アーム部分がLEDライトによって反射され、カッコよさをより際立たせてくれます。

オシャレな雑貨屋で売っている高めのデスクライトみたいで、まったく安っぽさを感じません。

TaoTronics LED TT-DL13」はこの他にも「ブラック」、「木目調」のものが存在します。

レビュー目線

価格はホワイト⇨ブラック⇨木目調の順に高くなっていきます。

価格差は数百円程度と金銭的負担はそこまで変わりません。

アーム部分にはアルミニウムを採用。

アルミニウムは金属だから重いのでは?と思われがちですが、実際に持ってみると体感するほど重みは感じません。

というのも、アルミニウムは金属の中でも軽いとされています。

また、放熱性、耐食性、反射性に優れており照明器具にピッタリな素材なのです。

この辺はよく考えられてデザインされているなと思いました。

アームは重ねて折りたたむことができます。

デスク周りをスッキリ見せたい時なんかにはいいかもしれませんね。

台座裏面はゴムスポンジのような素材?でできており、滑り止めの役割を担っています。

一般的なモノだと四隅に滑り止めがある程度ですが、このデスクライトは底面全体が滑り止めになっています。

台座部分には操作パネルがあります。

  • 電源ON/OFF
  • 色温度切替
  • 明るさレベル変更

操作はタッチパネルになっており、指で軽く触れることで操作を行ことができます。

赤枠で囲った部分をタッチすると電気がつきます。

消す時はここを2秒以上長押しします。

本体自体はコンセントから電気を取っており、付属のACアダプタを台座側面にあるプラグ穴へ差し込んで使います。

レビュー目線

ACアダプタはそこまで長くないので、基本的にコンセントの近くで使わなければなりません。

【TaoTronics LED TT-DL13】5種類の色温度

TaoTronics LED TT-DL13」はLEDライトの色温度を5つモードに切り替えることができます。

操作方法はタッチコントロールパネルにある赤枠で囲った部分に触れるだけ。

触れるごとに色温度を5つのモードに切り替えることができます。

  • Natural White
  • Cool White
  • White
  • Yellow
  • warm Yellow

動画だと色温度が分かりづらいので画像ごとにまとめてみました。

Natural light

Cool White

White

Yellow

warm Yellow

勉強や書き物などに集中したいときはホワイト系、

読書やパソコン作業などゆったりとした環境を作りたいときはYellow系の色温度が推奨されています。

もちろん自分好みの色温度を見つけるのも良いわけで使い方は自分次第です。

【TaoTronics LED TT-DL13】7段階の明るさ調整

TaoTronics LED TT-DL13」は7段階の明るさ調整ができます。

操作方法はタッチコントロールパネルにある点状のマークをタッチするだけ。

また、なぞるようにしてスライドさせることで段階的に明るさを調整することも可能。

タッチセンサーの感度も良好で、読書やスマホ操作などで片手が塞(ふさ)がっていても簡単に調整ができます。

使い勝手の良さから授乳ライトとして代用するのもアリかと。

レビュー目線

明るさに関しては普段使いであれば十分すぎるほどです。

常に一番低い明るさで使っていますが、MAXまであげることはほぼないです。

【TaoTronics LED TT-DL13】可動域の広さ

TaoTronics LED TT-DL13」はめちゃめちゃ可動域が広いです。

まるで人間の腕の関節のように、あらゆる角度へライトを向けることが可能。

細かな作業で手元を照らしたい時はライトアームを折りたたんで近づけたり、ライトヘッドを壁側に向けて間接照明っぽく見せたりすることもできます。

これだけ可動域が広いと、どんな向きに対しても対応できるんじゃないでしょうか。

レビュー目線

可動域が広いと言っても無理に扱うと破損しそうな感じがします。

必要な時以外はあまり動かさないほうが良いかと。

【TaoTronics LED TT-DL13】スマホ充電用のUSBポート搭載

TaoTronics LED TT-DL13」は背面にUSBポートを搭載しています。

スマートフォンを充電することができます。

レビュー目線

急速充電用のアダプタと比べると充電スピードは遅いです。

また、アダプタ自体も熱を持ってしまいます。

コンセントが近くにあるならスマホ用の充電器を使った方が無難です。

【TaoTronics LED TT-DL13】レビューまとめ

部屋の明かりだけでは視界にあらゆる情報が入り、たびたび作業に集中できないことがありました。

部屋の電気を消してデスクライトのみにした結果、余計な情報が遮断されこれまで以上に集中できるようになりました。

特に勉強や書き物といった文字を扱う場合、White系の光源にすることで文字がくっきりと見え作業が捗(はかど)ります。

TaoTronics LED TT-DL13」のような調光、調色が切り替えることができるものであれば、自分にとってベストな環境を作ることも可能です。

関連
【SMOZZIL LEDデスクライト レビュー】コードレスで使える電気スタンド

夜パソコンをするときに部屋の電気では明るすぎるため、局所的に明かりを照らすことができる「デスクライト」の導入を検討していました。 今回購入したのは「SMOZZIL LEDデスクライト」です。 デスクラ ...

続きを見る

-家電
-, ,

Copyright© まこっさんの雑貨生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.