家電

【キングストン HyperX Cloud Stingerレビュー】PS4対応のコスパ最強ヘッドセット

更新日:

オンラインゲームの醍醐味と言えば「ボイスチャット」。

ボイスチャットには「ヘッドセット」と呼ばれるヘッドフォンとマイクが一体型になった機器が必要です。

私用でヘッドセットが必要になったわけですが、この類のアイテムは一度も使ったことがなく、何を基準に選べばいいのか見当もつきません。

下手に格安品を購入して失敗したくはないですし、かと言って数万円するようなガチのものを購入する気もありませんでした。

そこでAmazonで評価が高く、値段も1万円以内のヘッドセットを探した結果、

キングストンの「HyperX Cloud Stinger」を購入することにしました。

今回は「HyperX Cloud Stinger」を実際に使ってみた感想を素人目線で紹介したいと思います。

【キングストン HyperX Cloud Stinger】製品仕様と外観

製品仕様

  • ドライバ:ネオジム磁石、ダイナミック50mm径
  • タイプ:サーカムオーラル、密閉型
  • 周波数応答:18Hz-23,000Hz
  • インピーダンス:30Ω
  • 音圧レベル:102 ± 3dBSPL/mW (1kHz時)
  • T.H.D.:2%以下
  • 入力電力:定格 30mW、最大 500mW
  • 重量:275g
  • ケーブルの長さとタイプ:ヘッドセット (1.3m)、延長Y字ケーブル (1.7m)
  • 接続方式:ヘッドセット - 3.5mmプラグ (4極)、延長ケーブル - 3.5mmステレオおよびマイクプラグse

外観はイヤーカップの赤いロゴ以外は黒一色。

見た目だけで言えば重厚感があり全く安っぽさを感じさせません。

ヘッドバンド上部には「HYPERX」とデカデカとした刻印があります。

ヘッドバンド内側には低反発クッションが備わっており、長時間のプレイを考えられた作りになっています。

スライダ部はサイズ調整可能な「スチールスライダー」を採用。

レビュー目線

成人男性の私でも全閉で装着できています。

開閉次第で自分好みの側圧にすることも可能。

右イヤーカップ下部には、音量調整ができる「音量コントロール機能」を搭載。

レビュー目線

ボリュームはスライド式で、自分の意図した音量に調整することができます。

ただ、ヘッドセット装着中のボリューム調整は慣れるまで少し時間が掛かるかもしれません。

本体からの直ケーブルは1.3mの3.5mmの4極ステレオプラグ。

付属品としてPC分配用のステレオおよびマイクプラグ付き延長ケーブル1.7m。

【キングストン HyperX Cloud Stinger】90度回転式イヤーカップ

HyperX Cloud Stinger」のイヤーカップは90度回転式に設計されています。

90度回転式にすることで、頭部の形状を問わずフィットさせることが可能です。

レビュー目線

90度回転式に加え密閉タイプのヘッドセットのため、無理な使い方をしなければプレイ中にズレることは考えにくいです。

また、眼鏡をつけて使っていますが、側圧によって締め付けられるような痛みや違和感はありません。

イヤーパッドにはHyperX独自の「低反発クッション」が使われており、長時間のプレイを想定された設計。

レビュー目線

1回のプレイで2~3時間ほど使用していますが、特に痛みを感じたことはありません。

ただ、1日中プレイするようなヘビーな使い方をすればどうなるかは未知数です。

また、使用頻度によってはイヤーパッドが外れたり、クッションがヘタったりすることもあるようです。

【キングストン HyperX Cloud Stinger】スイングミュートで消音

通常時

消音時(ミュート)

HyperX Cloud Stinger」はスイングミュートで簡単に消音にすることができます。

マイクを縦方向に跳ね上げれば消音(ミュート)にすることができます。

あくび、くしゃみといった瞬時にも素早く対応することができますよね。

マイクはゴム?のような材質で、簡単に折り曲げることができます。

レビュー目線

マイクはある程度の形状を保ってくれますが、あまりやりすぎると接触が悪くなりそうな気します。

【キングストン HyperX Cloud Stinger】PS4を含むマルチプラットフォーム対応

HyperX Cloud Stinger」はPS4、Xbox One、Wii Uなどの据え置きゲーム、PCやモバイルデバイスなど様々なプラットフォームに対応しています。

PS4の場合、コントローラ手前にあるイヤホンジャックへプラグを差し込むだけです。

レビュー目線

ヘッドセットからの直ケーブルは1.3mとそこまで長くはないです。

モニタから延長コードを使って繋ぐくらいなら、コントローラから繋いだ方が取り回しは良いです。

【キングストン HyperX Cloud Stinger】音質は?PS4で検証

やはり気になるのは「音質」。

初めてのヘッドセットのため他製品との比較のしようがありません。

素人なりの率直な感想を述べたいと思います。

自宅にPS4があったので、コントローラに繋いでプレイしてみました。

低音域、高音域ともに強調して聴こえるわけではなく、全体的にまとまった感じでサウンドが楽しめます

「ズンッ、ズンッ」といった迫力ある低音域は期待していたほどではなく、オーディオ重視の方には物足りないかと思います。

どちらかと言えば低音域よりも高音域の方がクリアに聞こえ、FPSゲームにありがちな敵兵の会話、銃声音、足音などの方向は十分に捕捉できるレベルです。

ゲーム中のBGMは丁寧に聞こえ、長時間プレイしてもストレスなく使えます。

また、イヤーパッドは密閉型のためボリュームを上げれば上げるほど没入感が味わえます。

私のように初めてヘッドセットを購入する方で「そこまでお金を掛けたくない、個人で楽しめればいい」って方にはおすすめです。

【キングストン HyperX Cloud Stinger】マイクの音質は?

ボイスチャットで使う「マイク」も重要です。

ノイズなどが入ってしまえば他プレイヤーに不快感を与えてしまいますからね。

フレンドも同モデルを使用しているため、PCゲームでマイクの検証。

声はこもったように聞こえ、期待していたようなクリアな音質ではないです。

例えるなら防音室で会話をしているような感じです。

相手のコントローラ、キーボード、マウスなどの操作音は聞こえずストレスなくプレイが可能。

ユーザーによっては「ノイズが聞こえる」といった不具合もあるようで、環境や設定に左右されやすいのではないかと思います。

音質の問題だけであって会話のやり取りは普通にできます。

【キングストン HyperX Cloud Stinger】レビューまとめ

HyperX Cloud Stinger」はこんな方におすすめ。

こんな方におすすめ

  • ヘッドセットを初めて購入する方
  • 安くていいやつが欲しい方
  • 長時間のプレイでも疲れないのが欲しい方

「お値段以上」とよく聞きますが、まさにその言葉にふさわしいヘッドセット。

ゲームだけではなく、パソコンに繋いでyoutubeを見たりとこれ1台で事足ります。

Amazonでは様々なレビューが投稿されているので判断材料にするのも良いかと思います。

-家電
-, ,

Copyright© まこっさんの雑貨生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.