未分類

【口コミ】ウォータースタンド「ナノラピア ガーディアン」の使用感を5つに分けて解説

記事の概要


ナノラピア ガーディアン」の使用感。

  • 設置場所(省スペース)
  • 宅配水(タンク)が不要
  • 冷水・常温・温水が使える
  • 飲料水としての味
  • レンタル料金は4,480円/月

ウォータースタンドの製品ラインナップは「サイズ・電気代・特徴や機能」が様々です。

この記事では「ナノラピア ガーディアン」に特化した内容となっていますので、検討中の方は参考にしてみて下さい。

ウォータースタンド公式サイト


「ナノラピア ガーディアン」の使用感

使用感

  • 設置場所(省スペース)
  • 宅配水(タンク)が不要
  • 冷水・常温・温水が使える
  • 飲料水としての品質
  • レンタル料金は4,480円/月

設置場所(省スペース)

ウォータースタンドを導入するにあたって悩ましいのが「設置場所」。

我が家は賃貸アパートであるがゆえにキッチン周りが狭く、ウォータースタンドを置くスペースが限定されます。

食器棚に置くことができればベストでしたが、炊飯器やら電子レンジ、オーブントースターなどに占領されているため、断念せざるを得ませんでした。

シンク横のスペースも検討しましたが調理スペースがさらに狭くなってしまうため、唯一空いていたキッチンカウンターに設置しました。

サイズは横幅と奥行きが共に230mm、高さは471mmになります。

ナノラピア ガーディアン」は従来モデルに比べ、特に奥行きが短いです。

ちょっとしたスペースがあれば設置することができるため、設置場所の自由度が高いと言えます。

ただし、取扱説明書によると壁からは10cm以上離す必要があるとのこと。(おそらく放熱の関係上。)

背面側は給水ホース、ドレン、電源コードといった取り回しが必要となるため、ある程度のスペースは必要かと思われます。

オレンジ色が水道水が通る原水給水ホース、青色が排水用のドレンホースになります。

ホースがたゆまないようにモールカバーを通してはわせます。

オレンジ色のホースは蛇口の分岐部品に繋がります。

事前に営業担当者から「水道蛇口の写真をメールで送ってください」と言われていました。

このタイプの蛇口は直接部品を取り付けることができたため、写真のように分岐ヘッドから原水給水ホースを繋ぐことができました。

形状が合わない場合は、シンク下の水道管からも分岐部品を取り付けることができるので問題ないかと思います。

青色のホースは排水がシンクへ流れるようにはわせます。

ナノラピア ガーディアン」は水道直結型のウォーターサーバーとなるため、ホースをはわせる必要があります。

例えば、キッチン台の背面などに位置する収納台に設置する場合は、これらホースは床をつたってはわせなければなりません。

ですから、人によっては見た目が気になったり、邪魔と思う方もいるかもしれません。

見た目をすっきりさせたいのであれば、水道近くに設置することも選択肢としてはありかと思います。

宅配水(タンク)が不要

ウォーターサーバーと言えば宅配水(タンク)をイメージすると思いますが、「ナノラピア ガーディアン」には宅配水(タンク)が不要です。

「ナノラピア ガーディアン」は水道直結式と呼ばれるウォーターサーバーで、水道水を本体のろ過装置に通して飲料水を生成するタイプになります。

ざっくり言えってしまえば、自宅で飲料水を好きなだけ作ることができます。(水道代はかかりますが・・・。)

宅配水(タンク)に対して

  • 注文が面倒
  • 設置が面倒
  • 都合を合わせるのが面倒
  • 自宅に人を入れたくない

こうした抵抗がある方には、水道直結式のウォーターサーバーが良いかもしれません。

ウォータースタンド公式サイト

冷水・常温水・温水が使える

温度使用は冷水・常温水・温水の3つ。

冷水 5~8℃
常温水 常温
温水(3段階) 高/約93℃ 中/約85℃ 低/約75℃

温水に関しては3段階の調整が可能で、これが結構使えます。

例えば、熱々のコーヒーやお茶が飲みたい場合は「高」で抽出したり、冷えた体をちょっと温めたい場合なんかは「低」で抽出したりなんかもできます。

使い方

使い方は至って簡単。

抽出量(120ml・180ml・300ml)を選択し、飲みたい温度のアイコンをタッチします。

※温水の「高」は120mlしか選択できません。

あとは、本体中央にある抽出ボタンを押すだけ。

抽出中にボタンを押して止めることも可能。

ココがポイント

抽出量に関わらず連続で出したい場合は抽出ボタンを2秒以上長押しします。

すると3分間は水が出続けます。(温水は不可)

途中で止めたい場合は、再度抽出ボタンを押せば止まります。

料理などに使う場合にはいいかもしれません。

温水抽出準備時間

  • 高(約93℃):約13秒
  • 中(約85℃):約8秒
  • 低(約75℃):約6秒

温水に関しては瞬間的に沸かすため、出るまでに時間がかかります。(動画は「低」で抽出)

高(約93℃)で抽出するまでに約13秒かかりますが、個人的にはこの待ち時間が軽くストレスです。

とはいえ、これまで電気ケトルで沸かしていたことを考えれば、時間的には大幅に短縮されています。

飲料水としての味

味を言葉で使えるのは難しいですが、市販のミネラルウォーターとして出されても何の疑いもなく飲んでしまうレベルです。

実際に水道水と飲み比べてみましたが、味の違いは素人の私でもはっきり分かります。

ただ、フィルターを通して人工的に作られた水なので、天然水のような「まろやかさ」はさほど感じませんでした。

味覚は人それぞれなため一概には「美味しい」とは言えませんが、水道水特有の塩素っぽさはなく飲みやすいのは確かです。

レンタル料金は4,480円/月

「ナノラピア ガーディアン」のレンタル料金は4,480円になります。

この金額はサーバーのレンタル料金のみを指します。

別途、水道代と電気代が発生します。

そもそも、ウォータースタンドはボトリングされた宅配水を買うのではなく、水道水から飲料水を造るため水道代が発生します。

ですからお水を使った分だけ水道代が請求される仕組みになります。

以上の事を踏まえると、実際にかかるお金は以下3つ。

毎月の費用

  • サーバーレンタル料:4,480円/月
  • 水道代:使った分だけ
  • 電気代:約150円

公式サイトによると一般的な4人家族で使うお水は、飲用と料理を合わせると毎月約300Lになるそうです。

これを水道代に換算すると約60.6円(東京23区の水道料で計算)。

以上の事から、レンタル料・水道代・電気代全てコミコミで毎月5,000円弱が妥当かと思われます。

固定費として考えると決して安い金額ではありませんが、ミネラルウォーターの購入、運搬の手間を考えれば忙しい主婦の方なんかには負担が減らせると思います。

ウォータースタンド公式サイト

突っ込んだ感想など

飲料水としての使い勝手は高評価です。

 

製品仕様

サイズ 幅230×奥行230×高さ471mm
重量 10.6kg
冷水 5~8℃
温水(3段階) 高/約93℃ 中/約85℃ 低/約75℃

外観

 

お得にお買い物

Amazonでお買い物の支払いとして使えるのがAmazonギフト券。

Amazonギフト券を現金でチャージする度に、金額ごとのポイント還元が受けられます。

  • Amazonプライム会員ならもっとお得に。
  • ポイント還元は5,000円チャージから
  • 支払いはコンビニ・ネットバンキング・ATM

※今なら初回購入限定キャンペーンとして1,000ポイントが貰えます。

Amazonギフト券

※初回限定で1,000ポイント還元

-未分類

© 2020 まこっさんの雑貨生活 Powered by AFFINGER5