キンキンに冷えたビールが飲める!?缶ビール冷却・保冷グッズ8選

ビールが美味しくなるこれからの季節。

どうせ飲むならキンキンに冷えた状態で飲みたいですよね。

今回は、ビールをキンキンに冷えた状態で飲める「保冷」「冷却」グッズを紹介したいと思います。

冷却グッズ

予備調査としてまず、冷蔵庫で冷やしてみると、8度を下回るまで約4時間。「6~8度にするには5~6時間が目安」(サッポロビール広報室)。

冷凍庫では30分ほどで約8度まで冷えたが長時間入れておくのはご法度。「ビールはマイナス4~マイナス5度で凍る。

凍ると缶の変形や中身が噴き出す恐れがあり、成分も分離するので冷凍庫はおすすめできない」(アサヒビールの尾崎さん)という。

出典:日本経済新聞 プラスワン

常温の缶ビールを冷蔵庫で冷やすには「5~6時間」とかなりの時間が掛かるようです。だからといって冷凍庫で冷やすのもそれなりのリスクがあるようですね。

それでも「早く缶ビールを飲みたい」それが人情、そんな時は冷却グッズを使っちゃいましょう。

電動カンキューレ(缶飲料冷却器)

↑電動式

↑手動式

冷蔵庫に入れ忘れた缶ビール・・・・。だけど今すぐキンキンに冷えた缶ビールを飲みたい。そんな時、電動カンキューレがあれば心配いりません。

缶ビールを容器にセットし氷を投入します。あとは蓋をしスイッチを押せば容器の中で缶ビールがクルクル回転し、あっという間にキンキンに。

手動式は自分でレバーを回すので、面倒な方は電動式がいいかもです。

缶ビールを冷蔵庫に入れてもすぐに冷えないイライラもこれさえあれば解消。

【特徴】
  • 1~2分でキンキンに冷える
  • キャンプなど外でもキンキンに冷やせる
  • 乾電池付き

タカラトミー ストロングビアクーラー

こちらも先ほど同様、氷を入れてクルクル回して冷やす電動タイプのビアクーラー。

ストロングビアクーラーの特徴は温度設定ができる点。6℃の「飲み頃モード」と-2℃の「氷点下モード」の2種類の温度設定ができ、缶ビールを約6~8分で冷やすことが可能。

仕事で頑張っているお父さんのプレゼントにぜひ。

【特徴】
  • 6℃と-2℃の温度設定
  • 330,350,500ml対応
  • 単3形アルカリ乾電池×3本

クーパー クーラー 急速飲料冷却器

  • 「冷えたお酒を今すぐ飲みたい」
  • 「冷蔵庫にお酒を置くスペースがない」
  • 「パーティーや来客の際、急いで飲み物を出したい」

でもお酒を冷やしてなかった・・・こんな経験ありませんか?

クーパー クーラー 急速飲料冷却器なら缶ビールはもちろん、ボトルワインもすぐに冷却することができます。

氷と水を入れて飲み物をセットしモードを設定するだけで、好みに合わせて冷やすことができます。

自宅で急な飲み会やパーティーなどに使えそうですね。

【特徴】
  • 電源接続
  • 缶ビールやワインボトル対応
  • 車のシガーソケット用アダプタ付

モビクール ドリンククーラー

缶ビールを常にキンキンに冷えた状態キープしたい。そんな方におすすめなのがこの「モビクール ドリンククーラー」。

アダプターから電源を取っているので常に冷えた状態をキープしてくれます。冷却機能の他に、保温機能も付いているので寒い冬にも使えます。

冷却性能については評価が高いですが、ファンの音がうるさいとのこと。しかしコアなユーザーは、ファンを別売りの静音タイプのものに交換してしまう方もいるほどです。

【特徴】
  • 冷却・加熱の2つの機能
  • 350ml, 500ml缶対応
  • AC/DC用&シガーソケット用アダプタ電源ケーブル

Miletech トラベラー カップホルダー

キャンプなど車中泊でキンキンに冷えたビールを飲みたい。そんな方には、車内でいつでも簡単に飲み物を冷却、保温できる「トラベラーカップホルダー」がおすすめです。

付属のシガーケーブルから電源を取り、ワンタッチでCOOL or HOTの切り替えができます。

別売りの変換アダプターを使えばコンセントから電源を取ることも可能です。1人旅の車中泊や長距離ドライブにはピッタリのサイズ。

【特徴】
  • 車内に最適なカップホルダー
  • ワンタッチで切り替え可能
  • LEDライトインジケーターで視認性UP

保冷グッズ

冷蔵庫でキンキンに冷えたビールであっても時間の経過と共に温度が下がり、飲み頃を逃してしまうなんてことはよくあります。

そんな時は、保冷グッズを使うのも手です。

ドリンククーラー アイスクール クリアブルー

人によってお酒を飲むペースは違います。のどを潤したくグビグビ飲みたい方もいれば、私のように味わいながらチビチビ飲みたい方も当然いるでしょう。

そんな味わいながらチビチビ飲みたい方におすすめなのが、「ドリンククーラーアイスクール」です。

ドリンククーラーアイスクールは、ボティー本体を約3時間冷凍庫で凍らせることで、約2時間 以上、ドリンクの飲み頃温度を保ち最後まで美味しく飲むことができます。

風呂上りこれを使ってゆっくり晩酌するのも最高でしょう。

【特徴】
  • 約2時間 以上、ドリンクの温度をキープ
  • クーラー表面の結露を防ぐ
  • 缶、瓶、コップなど使用可能

サーモス 保冷缶ホルダー

↑国内品

↑輸入品

缶ビールはキンキンに冷えた状態がもっとも美味しいですが、時間の経過と共に生ぬるくなって美味しくなくなりますよね。

特にビールがあまり得意でない方ならより一層思うはず。

サーモスの保冷缶ホルダーは缶ドリンク(350ml)をホルダーにセットするだけで、冷えた状態をキープできます。

キャンプ、BBQなどアウトドアで飲むもの良し、風呂上りに味わいながら飲むのも良し、缶ビールが美味しいシーンには大活躍間違いなし。

ドライブがてらコンビニで買った缶ジュースなども、これさえあれば飲み干すまで冷えた状態をキープしてくれそうですね。

【特徴】
  • 350ml缶対応
  • ホルダーが結露しない
  • カラーは4種類

サーモス 真空断熱タンブラー 600ml

皆さんご存知の「サーモス 真空断熱タンブラー」。500mlの缶ビールも入れられる、おいしいビールを飲むのに適した600mlサイズがおすすめです。

風呂上りのビールを飲むならこれが最強と言っていいでしょう。(笑)

真空断熱構造だから、約6時間後でも氷がまだ残っているほどの保冷力。

冷蔵庫でキンキンに冷やしたビールを注げば、飲み干すまでお酒をゆっくり飲めますし、よくありがちなコップの結露も、サーモスなら結露しません。

プレゼントとしても喜ばれますし、これからの季節には大活躍間違いなしです。

サーモス 真空断熱タンブラー一覧はコチラ

【特徴】
  • 真空断熱で保冷&保温
  • 結露しない
  • ロングセラー商品

まとめ

仕事終わりや風呂上りの一杯は最高ですが、ちょっとしたグッズを使えば、より一層お酒を楽しむことができます。

今回紹介したグッズは、キャンプやBBQなどのアウトドア、晩酌や飲み会などのインドアなどシーンを選ばず最高の状態でビールを飲むことができます。

ビール好きの方にはぜひおすすめしたいグッズの紹介でした。