車通勤でガソリンをよく給油する方にはENEOSカードPをおすすめします!

車通勤をする人ならガソリン代を1円でも安く抑えたいですよね。

私は車通勤で片道20km程の距離を毎日運転します。

それだけ運転すればガソリン代もかかるわけで、毎月1.6万円程の出費があります。

私が住んでいるような田舎では車は必須で、ガソリン代が掛かってしまうのは仕方がない事なのです。

そこで、できることならガソリン代をお得にしたいと思った時に考えたのが、クレジットカードです。

ガソリン代割引特典を備えたクレジットカードはいくつか存在しますが、その中でも私が選んだのが「ENEOS CARD P」です。

今回はENEOSでガソリンを給油する方に、ENEOSカードを激しくおすすめする理由と、ENEOSカードの選び方を紹介します。

通勤路にENEOSはあるか?

まず重要なのがどこでガソリンを給油するかです。

先ほども説明しましたが、私は田園地帯が広がるような田舎に住んでいます。

田舎と言っても見かけるガソリンスタンドはENEOSがほとんで、通勤路にも何ヵ所かあり当然のようにガソリンを入れていました。

どのみちENEOSでガソリンを入れなきゃならないならENEOSカードを作ってしまえと考えてクレジットカードの発行に至ったのです。

私の場合はENEOSでしたが、頻繁に給油するガソリンスタンドを基準に割引が受けられるクレジットカードを選択することです。

ENEOSカードは3種類

ENEOSカードには次の3種類があります。

カード種類 特典内容

ENEOSカードS

年会費1,250円(初年度無料)

ENEOSカードC

年会費1,250円(初年度無料)

ENEOSカードP

年会費1,250円(初年度無料)

この他にも全てのカードに共通で、レッカー移動(10kmまで無料)、路上における修理(30分以内無料)をしてくれるロードサービスや、「カーコンビニ倶楽部」での修理代が5%OFF、「オリックスレンタカー」が10%OFFなどといった付帯サービスを受けることができます。

なかでも高還元率なのが「ENEOSカードP」です。ENEOSで給油以外にも洗車やオイル交換など利用すれば3%の高還元率を獲得できます。

車関係のことがよく分からなくて、とりあえずENEOSに全部任せちゃう方なんかは、ENEOSカードPで支払を済ませればポイントがどんどん貯まってウハウハです。

貯まったポイントは、サイトやアプリで交換でき、1,000ポイント=1,000円で換算し、1,000ポイン単位で利用できます。(ポイント交換の詳しい情報については、下記リンク先よりご確認ください)

>>【エネオスカードP】ポイント残高確認から交換方法を画像付きで解説

自分のカーライフにあったENEOSカードを選ぶ

特典内容を見てもどれが自分のカーライフに合っているかいまいち分かりませんよね。

そんなときは「ENEOSカード診断」が便利です。

カード診断はこちら⇒ENEOSカード

公式サイトにアクセスしたら青枠で囲った部分からカード診断ができます。

ちょっとやってみましょうかね。

左の診断項目に、ご自身の情報を入力してもらえばすぐに診断ができます。(ちなみに画像は私の診断結果です)

万単位でガソリンを入れる方は、「ENEOSカードP」が一番お得だというのがわかります。

とりあえず直接自分で診断すれば何がおススメが一発で診断することができます。

カード診断はこちら⇒ENEOSカード