ちょっとした手間で航空券は安く買える!得する3つの方法

ふと思いついた個人での旅行や、ビジネス、遠方への出張や身内に関する用事など、
できるだけ航空券を安く手に入れて費用を安く済ませたい。

予算があまりないので移動には費用をあまりかけず、できるだけ出先のほうで美味しいものを食べたりすることにお金を使いたいなど考える機会はいくらでもあるかと思います。

今回は、航空券を安く購入する方法をいくつか紹介したいと思います。

旅行代理店を利用する

まずは、旅行代理店で販売されている、いわゆるパックツアーや出張パックなどのフリープランのものを探すかと思います。

実際に移動したい時期によっては格安で移動する手っ取り早く決めやすい方法ではあります。

ただ、2人以上でないとあまり安くない点や、航空券は同じ空港への往復でないと取れなかったり、ホテルとセットになっているものがほとんどなので出先での宿泊先にあてのある場合や
複数の都市を周りたい場合など融通がきかないものが多いかと思います。

ツアーを利用したい方の多い時期、ゴールデンウィークやお盆、年末年始には航空券も宿もほぼ定価なのでツアーを利用する意味がまったくない時期もあります。

いわゆるハイシーズンではない週末なら多少は安いかもしれません。

そんな、代理店のお値段ではちょっと高いかな、とお考えになられた場合は個人手配してしまう方が安い場合があります。

格安航空会社を利用する

持ち歩く手荷物はあまりない、機内サービスなど特に必要がない、移動するのには慣れているという方には、LCCと呼ばれる格安航空会社を利用するほうがお値段は安く地方へ移動ができるかと思います。

ただ、大手と比べて最初に表示されている価格が安いのは魅力に感じるかもしれませんが、手荷物を預けたい、座席を指定したい、機内で飲食したいとなるとそれぞれについて有料になるのでお値段が上がります。

東京ですと成田空港や、大阪ですと関西空港など、たいてい都市部から比較的離れた空港を発着するため目的地から空港までの交通費が高くなる傾向もありますので、そちらもコミでの計算をして、検討されるのが宜しいかと思います。

LCCの就航している路線に乗れる場合は、各社とも比較的安く設定されている場合が多いのですが、大手1社しか就航していない路線などは早くから計画していてもなかなか安くならない、早割系の格安運賃の航空券などがすぐに売り切れてしまう場合も多いかと思います。

金券ショップを利用する

金券ショップなどで販売されている株主優待券を手に入れて、その株主優待券を使用して
株主優待運賃で航空券を購入されるのが良いと思います。

株主優待券は、金券ショップで2000円前後で販売されている場合がほとんどなので、そちらを購入して手に入れ、空港で航空券を購入すれば突然の移動する必要が出てきた場合でも、正規運賃よりは格安で移動できます。

突発でJRなど他の移動手段を取って移動するより所要時間も短く移動できるので、かなりオススメできるかと思います。

webサイト利用する

各航空会社のWebサイトで、出発地から目的地までの路線を調べ、その区間の路線の便ごとに違う価格を比べて時間やご自宅からの所要時間、空港での手続き時間などを加味して搭乗する飛行機を決めれば安く航空券を手に入れ、移動ができます。

航空会社をまとめて比較「エアータウン」

個人で手配するので往復とも必要でも、片道だけ必要な場合でも移動計画に沿って手配するだけなので自由度は高いですが、安く航空券を手に入れるには、個人での手配、航空会社ごとのWeb検索など非常に手間がかかります。

そんな方におすすめなのが、航空会社を比較できるサイト「エアータウン」です。

エアータウンは、複数の航空会社をまとめて比較することができ、最安値の航空券を一発で検索できます。

入力フォームに希望する出発日、出発地、目的地、人数を入力すれば、各航空会社の料金と最安値を調べることができます。

搭乗予定日の60日~80日前など早期予約をすることで、割引率は大きくなり、日時変更や座席指定の必要が無ければ更に安く購入することができます。

国内版⇒航空会社をまとめて比較「国内版エアータウン」

海外版⇒航空会社をまとめて比較「海外版エアータウン」

まとめ

手間をかけた分だけ安く搭乗できるので、飛行機を賢く、そして安く利用して、楽しい旅行やビジネス、出先での用事が有意義なものにしましょう。