【飲む日焼け止め】肌が弱い方はサプリメントで紫外線対策を

モデルを中心に爆発的な人気になっている「飲む日焼け止め」。

サプリメントを飲むだけで日焼けを防止してくれる「飲む日焼け止め」は、その手軽さから人気急上昇中の紫外線対策です。

海外ではおなじみの飲む日焼け止めですが、まだ馴染みがない日本人からしたら

  • 「飲むだけでホントに効果があるの?」
  • 「なんで飲むだけで日焼けを防止してくれるの?」
  • 「副作用は?選び方は?」

などの不安や疑問を感じた方もいることでしょう。

今回は、そんな飲む日焼け止めについて紹介します。

飲む日焼け止めとは?

飲む日焼け止めとは、サプリメントを飲んで、体の内側から紫外線のダメージを防いでくれます。飲むだけで日焼けを防止してくれるサプリメントです。

医者から処方されて飲むものではないので、サプリメントの類になります。

最近ではテレビなのでも取り上げられていますが、飲む日焼け止めが注目されている理由はその手軽さにあります。

日焼け止めといえば塗るタイプのものが一般的ですが、汗をかいて落ちてしまったり、長時間経つと効果が薄れてしまったりと何度も塗りなおす必要があります。

飲む日焼け止めは、サプリメント感覚で始められ、続けやすい点に人気の秘密があるのです。

効果は?

飲む日焼け止めは、その名の通りサプリメントを飲むだけで日焼け防止の効果を発揮してくれます。

何故飲むだけで日焼けが防止できるのか?

日本製の飲む日焼け止めは主に、ニュートロックスサンという成分によって作れれています。

日焼けの原因は本来、紫外線を皮膚に浴びることで炎症を起こし赤くなる症状と、活性酸素の増大によりメラニン色素が作られて皮膚表面に沈着することで起きます。

ニュートロックスサンは、日焼けの原因である体内の活性酸素を減らし、さらに起きてしまった炎症をも制御する作用があり、これにより日焼けを体内から防止してくれるのです。

光老化にも効果あり

紫外線が肌に悪いというのは誰でも知っているとは思いますが、老化の原因の8割は紫外線が原因と言われ「光老化」と呼ばれています。

光老化が進行する紫外線には、紫外線A波、紫外線B波が存在します。

紫外線A,B,C波の特徴

 【紫外線A波】A波は、肌の奥まで届き、肌の弾力が失われ、シミやたるみの原因になります。

【紫外線B波】

B波は、肌の奥まで入りこむことはありませんが、肌の表面で炎症・日焼けを起こす原因「メラニン」を活性化させます。

このうち紫外線A波は一年中降り注いでおり、曇りの日に室内いても窓ガラスから肌に入りこんでしまいます。

紫外線を浴びることで活性酸素が増え、肌の水分を保っている角質細胞から水分を蒸発させてしまいます。

すると肌本来の透明感がなくなりシミやくすみができやすくなり、老化が早まるといわれています。

先ほども説明しましたが、飲む日焼け止めは活性酸素を減らしてくれる作用があるので、紫外線による老化にも効果を発揮してくれるのです。

こんな方におすすめ

飲む日焼け止めはこんな方におすすめです。

  • 美肌のために紫外線対策をしている方
  • 外の仕事の方
  • 海やプールなどに行く予定がある方
  • 外でスポーツをする方
  • 子供の部活の応援など長時間外にいる方
  • 紫外線の強い地域や、海外に行く方

などに効果を発揮します。

飲む日焼け止めは楽に紫外線対策ができますが、メリットだけではなくデメリットも存在します。

飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止めは塗りなおす手間が必要ないので簡単で続けやすいことです。

塗るタイプの日焼け止めは、汗をかいて落ちてしまったり、海やプールなどでは水と一緒に流れ落ちてしまいます。

そうなった場合、再度塗りなおす必要があり非常に手間が掛かってしまいます。

飲む日焼け止めはサプリメントを服用することで、体内からまんべんなく紫外線対策してくれます。

日焼け止めクリームが肌に合わない方でも、サプリメントととして服用できます。

また、飲む日焼け止めプラスアルファ(日焼け止め、日傘、帽子)の使い方をすれば、身体の内側からも外側からも紫外線対策できるので、相乗効果により日焼け止め効果が高くなるなどのメリットがあります。

飲む日焼け止めデメリット

飲む日焼け止めのデメリットはコスパが悪いことにあります。

飲む日焼け止めは1日100~150円程度とちょっと割高になってしまいます。

一方で、塗る日焼け止めは安いものだと500円~程度から購入でき、コスパを考えると飲む日焼け止めは値段が高く、続けるのが難しくなります。

その他に、即効性がわかりにくい、アレルギーが起こる可能性はゼロではないといったデメリットがあります。

服用する際には、アレルギー症状を引き起こす原因である成分が配合されていないかチェックする必要があります。

飲む日焼け止めの選び方は?

数年前までは飲む日焼け止めといえば数種類しかなかったのですが、今では豊富な種類が販売されています。

どれを購入すればよいかわからない方は、コツとポイントをおさえて購入しましょう。

  1. 紫外線ダメージを防ぐ効果のある成分が入っているものを選ぶ。
    有名なのが、シトラス&ローズマリー系、フェーンブロックなどシダ系です。
  2. 国産品を選ぶ。
  3. 飲む日焼け止めは、飲み続けることで効果が期待できるので、続けられる価格のものを選ぶ。

おすすめサプリメント

国産の日焼け止めのサプリメントは、抗酸化作用、炎症を抑える、光老化を抑える、肌の状態を改善する効果があります。

中でも多くの女優やモデルが使用してるサプリメントが「ホワイトヴェール」。

日焼けや光老化の原因である活性酸素を抑えてくれるニュートロックスサンが主成分で、ビタミンやミネラルを多く含んでいるので美白効果も期待できます。

飲むだけ簡単!人気モデル愛用中の太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】

まとめ

紫外線を浴びることで目に見えないシミが肌に蓄積されます。

その蓄積されたシミは、年齢を重ねることで老化という形で肌に現れます。

若いうちは気にすることはないですが、先の考えたら早めの紫外線対策をおすすめします。