【転職】ドローンパイロットになるためには?産業の求める人材とは

ドローン産業の拡大により、ドローンパイロットの需要が囁かれている昨今。

  • ドローンパイロットになりたい
  • ドローンを使った事業を展開したい

とお考えの方もいるでしょう。

急激なドローンの普及によってドローンについての問題やその活用について多くの情報が飛び交うようになりました。

今回は、ドローン産業やパイロットの需要など、ドローンパイロットを目指す方に参考にしてもらいたい記事です。

ドローンとは?

日本においては総務省が「飛行機、回転翼航空機等であって人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義しています。

つまり、航空系の高性能なラジコンのようなものです。

普通のラジコンならば誰でも簡単に操縦することが可能ですが、ドローンはその性能が高いものであるがゆえに初心者ではまともに操縦するどころか空を飛ばすことさえ困難です。

私自身も以前友人のドローンを借りて操縦しようとしましたが、少しの操縦ミスで大きく軌道が変わってしまい何度も墜落させてしまった経験があります。

ドローンパイロットの需要

それでは実際、ドローンパイロットはどのような場面での需要があり、どんな仕事を行うのでしょうか。

ドローン撮影による空撮

一番多いのはやはり空撮をメインに行う仕事です。

具体的には地図や土地の情報を文字だけでなく実際に目に見えるものにするための撮影にドローンを使います。

道路や橋脚、ダムに河川敷などを建設するときの3D図面を作成する際の空間把握のために使用されたり、太陽光発電や風力発電を行なっている機会の保守点検のために人では見えないようなところを可視化するのに使われたりします。

近年大きく発展してきているWebシステムやアプリケーションを作成する際にドローンの映像を使用したサービスを取り入れたり、ただ景色や動植物を追うだけでなく計測や軽量など幅広い撮影のシチュエーションがあります。

ドローンのエンジニア・講師

それ以外にも多くの活躍の場が設けられています。

例えば、ドローンパイロットになることで得た知識を生かして行う業務です。

新たな産業用ドローンについてのサポートを行うエンジニアのような役割であったり、また設計だけでなく開発まで自分たちの手で行うこともありますし、ドローンそのものではなくドローンに搭載するためのソフトウェアの開発に携わることもあります。

開発関係だと、実際に出荷されるドローンの組み立て、操縦、動作をチェックするという仕事もあります。

また、ドローン操縦士養成スクールのようなドローンパイロットを目指す人のためのスクールに講師として務める人もいます。

さらに、自分自身がドローンの操縦の証明証を持っているということが強みになるので営業等でも重宝されることがあるようです。

ドローンを利用したマーケティング

それ以外にも、自分自身で、個人として仕事をする際に自分の武器としてドローンを用いることもあります。

建設コンサルタントとして自身がアドバイスを行う際の準備のための空間把握の目的でドローンを使用したり、デザイナーやシステムエンジニアとして個人的に企業に納品する際のプラスアルファーになるようにドローンで撮影した映像を用いたりするそうです。

もちろん、せっかくプロのドローンパイロットになったのですからプロのカメラマンの方々のように日本や世界の景色や著名人を追いたい、という人も多くいると思います。

現在高まってきているドローンの需要の中で、そういった操縦のみを専門としたパイロットは意外と少なく一回の単価が高いうえ、どんどん増していく需要に応じて仕事も増えてくることが予想されます。

これらのように計量や測量となど建設業での需要、開発や付加価値としてなどIT産業での需要、映像や写真の撮影など映像業界での需要、たくさんの需要が増えてきているドローンパイロット。

どの需要に応えるかは自身の興味や得意分野で選んでいくことができることでしょう。

ドローンパイロットに資格はいらない?

さて、このように操縦するのにある程度の技術を必要とするドローン。

実はドローンパイロットという人たちがその技術を持って活躍しています。

その名の通りドローンを操縦するプロの方々です。

パイロットと聞くと飛行機やその他の航空機のように免許や資格などが必要であるかのように思えますが、ドローンパイロットの資格はありません。

ですので国家試験も資格試験もなく、どなたでもなることができます。

かといって、それでは世間に自称ドローンパイロット、というような人たちが溢れかねません。

そこで一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が認定しているドローン操縦士養成スクールというものがあります。

JUIDA公式サイト

ここでは気象や電波法、航空法などの法律等に関する安全に関わる知識や高い操縦技術を持つパイロットの養成を行なっています。

このスクールはコースが二つあり、一つは一般社団法人日本UAS産業振興協議会が定める操縦技能証明証の取得を目指しているドローンパイロット養成コース。

もう一つはその技能証明書を受けさらに実際の飛行業務についての経験がある人を対象にして、ドローンの安全な航空を管理するための基本知識やリスクアセスメントを学び一般社団法人日本UAS産業振興協議会が規定する安全航空管理者証明証の取得を目指すドローン安全航空管理者養成コースです。

ドローンパイロット養成コースは定員が15名で6月と7月に募集がかかります。

4日間のスケジュールの中で2日間は座学、残りの2日間は実技の講習を受け、その翌週に実技のテストが行われるのでそれに合格することができれば証明証が交付されます。

ドローン安全航空管理者養成コースは1日の座学のみとなっています。

首相官邸無人機落下事件などにより安全対策が叫ばれるドローンですが、航空法改正により無人航空機の飛行禁止空域や飛行の方法などが学べるスクールは有益であると言えるでしょう。

しかし要請スクールはあくまで人材を育成する場であって、認定証を取得しても必ずしも仕事にありつけるわけではありません。

なにより大切なのは操縦技術であったり、現場での実践経験がものを言う世界なのです。

現場で実践経験を積むには?

この先ドローン産業は拡大の一途をたどると言われていますが、実際にドローンパイロットに関する求人を検索してもごくわずかしか存在しないのが現状です。

そんな、ドローンパイロットやエンジニアを目指す転職者の支援を行っている転職サイトの紹介です。

ドローン系転職に強い「スカイエージェント」

スカイエージェントはドローンの職種に特化した転職サイトです。

全くの未経験だと少なからず不安があるもの。

スカイエージェントは、実績のあるドローンスクールと提携しており、飛行経験がない方、エンジニアを目指す方などニーズに合う教育体制で支援してくれます。

一流大手企業や地域の優良企業、上場を目指すベンチャー企業など多数の企業からの求人があり、自分の理想とする求人が見つかるかもしれません。

詳しい求人検索は、 無料会員登録後に閲覧できるで覗いてみてください。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

まとめ

航空法の改正により、より扱いが厳しくなったドローンですが、正しいことに使えば私たちにとって非常に便利な道具です。

高所での安全確認であったり、災害地での救助活動であったりと、これからドローン産業の需要も増していくことでしょう。

それに伴ってドローンパイロットという職業も注目されていくことは間違いないでしょう。

これからの動向が気になる所です。