おつまみに最高!?お酒が進んでしまうお菓子特集

お酒が美味しいこれからの季節、仕事帰りのビアガーデンなんて最高ですね。

外で飲むのもいいですが、のんびりと自宅で飲むお酒も最高ですよね。

お酒のおつまみと言えば、枝豆、焼き鳥、餃子などが定番ですが、自宅でそれらを作るのは手間が掛かります。

そこで今回は、作る手間が掛からないお酒に合うお菓子を紹介します。

お酒に合うお菓子特集

お菓子は、お酒と一緒に買っていくことができ、作る手間がいりません。

そして、意外とお酒と合うものが多いです。

各お菓子メーカーから様々なお菓子が販売されていますが、その中でもおすすめのお菓子を紹介します。

スナイダーズ チェダーチーズ

輸入食品を取り扱うカルディで見つけたのがこの「スナイダーズチェダーチーズ」。

プレッツェルに濃厚なチェダーチーズ味のフレーバーをまぶしたスナック菓子で、イメージとしてはカルビーのクラッツを想像していただけたら分かりやすいと思います。

ただクラッツと違うのは、その大きさにあります。

プレッツェル自体を大胆に砕いており、そのサイズは大小さまざまです。

大胆に砕くことによって荒れた面に仕上がり、濃厚なチェダーチーズがしみ込みます。

ガリッ!!ザクッ!!」と癖になる噛みごたえで、濃厚なチェダーチーズ風味はお酒が進みます。

フリトレー ドリトス メキシカン・タコス味

トルティーヤブランドのドリトスから「フリトレー ドリトス メキシカン・タコス味」。

スーパーやドラッグストアに行くと、ついつい買ってしまうスナック菓子です。

ポテトチップス同様に一枚一枚薄いが、嚙みごたえがあり、口に運んだ時のトマトの酸味、後引く肉の旨みが癖になります。

メキシカンタコス味ですが、辛い物が苦手な私でも、そこまで辛さを感じることはなかったです。

ただ、内容量が少ないだけに、食べ始めたら一瞬でなくなります。

ヤガイ おやつカルパス

おやつカルパスと銘(めい)打ってありますが、お酒のおつまみとしても至高の一品です。

ヤガイ おやつカルパス」は鶏肉をベースに、豚肉を加えて作られている一口サイズのスナック菓子です。

噛んだ瞬間から口の中に広がる肉の旨みと塩味は、お子さんのおやつや、酒のおつまみとして最適です。

一口サイズで非常に食べやすいが、大量に食べてしまう方が続出中です。

ハマったら最後、リピ確実です。

国内製造 テング ビーフステーキジャーキー 100g

ビーフジャーキーとして日本国内で圧倒的な人気をなのが「テング ビーフジャーキー」です。

良質な牛肉を使用し、しょう油をベースとした味付けのビーフジャーキー。

ビーフジャーキー独特の硬さはあるが、噛めば噛むほど肉の旨みと醤油の味がしみだしてきます。

口の中に広がるしょっぱさは程よく、ビールとの相性抜群です。

よっちゃん カットよっちゃんしろ

子供の頃よく食べていたよっちゃんのしろバージョン「カットよっちゃんしろ」。

通常のよっちゃんと味は変わらないが、よっちゃんしろは着色料が入っていません。

いかと魚肉すり身を酢で味付けしたよっちゃんは、こりこりとした食感、お酢の酸味が病みつきになります。

子供の頃、狂ったように食べていた友達がいましたが、大人になった今ではその気持ちが少しわかります。

一口大にカットされており、食べやすく、晩酌に最適です。

亀田の柿の種100%

柿の種のピーナッツなしバージョン「柿の種100%」。

ピーナッツを食べると高確率でお腹を壊してしまうのは、私だけではないはず。

お酒の席でついつい食べ過ぎてしまう柿ピーは、ピーナッツなしならバクバク食べられるのでありがたいです。

まとめ

子供の頃の食べていたお菓子が、意外とお酒のおつまみに合うものなんですね。

お菓子は、味もさることながら、リーズナブルな価格もまた魅力的です。

一度駄菓子屋に寄って探してみるのも面白いかもしれません。