ティファールの圧力鍋クリプソアーチで豚の角煮を作ってみた!

一台あると料理の幅が広がる圧力鍋。でも圧力鍋を購入する時って、結局どれを選べばいいのかすごく悩みますよね。値段、容量、機能性、使いやすさと言い出したらきりがありません。

なので今回は「T-fal クリプソ アーチ 圧力鍋」のレビューをしたいと思います。

圧力鍋のメリット・デメリット

レビューの前に圧力鍋のメリット・デメリットを簡単に確認しておきましょう。

メリット

圧力鍋最大のメリットは、調理時間の短さでしょう。作る料理にもよりますが、圧力鍋を使えば通常の調理時間より半分から1/4程度短縮することができると言われています。

圧力鍋は常に密閉状態なので途中で火を止めても数分程度内部は高温を保たれます。つまり余熱だけでも十分調理することができるので光熱費を節約できます。

高圧状態で調理をするので、ブロック肉や魚の骨までも柔らかく調理できます。

デメリット

調理中に蓋を開けることができません。なので途中で味見ができないので味付けの調整ができず、最初の段階で味が決まってしまうことです。

また加熱時間によって野菜など溶けてなくなってしまうことがあります。なので使い始めのうちは加熱時間の見極めがポイントとなってくるでしょう。

安全と分かっていても、圧で蓋がぶっ飛びそうな恐怖感が少なからずある。

T-fal クリプソ アーチ 圧力鍋

「T-fal クリプソ アーチ 圧力鍋」を使えば短時間で美味しい料理を作ることができます。

圧力ぶたを持った感じは、見た目以上に重かったです。

圧力ぶたとパッキングです。使用する際は、パッキングをしっかりとはめ込ます。パッキングに傷み、縮み、亀裂等がある場合は蒸気もれの原因になります。

圧力ぶたにパッキングがはめ込まれている状態です。パッキングがきちんとセットされていないと、蒸気もれの原因になります。

使用頻度にもよりますが、パッキングは1年に1度の交換が推奨されています。

鍋の内側に調理量の目盛りがあります。

圧力調理をするときは、料理によって決められた最大調理量を守らないと適切な圧力調整ができなくなる可能性があり危険です。

  • 通常の料理などは、水分を含めた材料が鍋の高さの2/3まで
  • カレーやシチュー、でんぷんが多い野菜でとろみがつきやすいもなどは鍋の高さ1/2まで
  • 麺類など分量が増える物は鍋の高さは1/3まで

圧力ぶたの開閉が片手でできる

アーチ状のハンドルを上げ下げするだけで、フタのロックの開け閉めができます。さらに360度どの位置でも閉めることが可能です。

ロックが開いている状態です。ハンドルが上がっており、フタの両サイドのロックが開いているのがわかります。

ロックが閉まっている状態です。ハンドルが下がっており、フタの両サイドのロックが閉まっているのが分かります。

ハンドルを上げ下げするだけなので、力が要らず簡単に開閉できます。

お料理に合わせて「低圧」「高圧」に切り替えられる

圧力調整おもりをマークにセットするだけで、お料理に合わせて圧力を切り替えられます。

高圧(80kPa)設定の状態です。

かたまり肉や豆などの時間のかかる食材を調理する時に適しています。魚などは骨までやわらかくすることができます。

低圧(50kPa)設定の状態です。

野菜など煮崩れしやすい食材を調理するときに適しています。

蒸気を排出するときは、このマークに合わせます。

調理後すぐに圧力ぶたを開けたいときは、このマークに合わせて蒸気を排出し圧力を下げてからフタを開けます。

実際に使ってみました

豚の角煮を作っていきましょう。

食材と調味料を入れます。(分量は付属のレシピブックに記載されています。)

フタをしハンドルを下げます。このとき、操作しやすいように、開閉ハンドルを手前に来るように置きます。

圧力ぶたのロックがしっかりと閉まっているか確認します。

豚肉のかたまりを使用するので、圧力調整おもりを高圧(80kPa)に合わせます。

そして鍋を強めの中火で加熱します。

写真だと少し分かりづらいですが、加熱をしていると最初に真ん中の赤い安全ロックピンが上がります。

しばらくすると圧力調整おもりから蒸気が出始めます。「シュー」と蒸気が絶えず出始めたら、火を弱火にします。(圧がかかっているので、弱火でも十分調理できます)

ここから加圧時間が始まりますので、レシピに記載されている加圧時間をタイマーで計って調理します。

次に蒸らし調理(自然放置)をします。

加圧時間が終わったら火を止めて、赤い安全ロックピンが下がるまで、そのまま放置します。火を止めた後も、鍋の中は高温状態なので調理が続いています。

圧力調整おもりから蒸気が完全に出なくなるのと、赤い安全ロックピンが完全に下がるのを確認します。

●のマークを写真の位置まで動かし、圧力調整おもりを圧力ぶたから取り外します。

ハンドルをあげてロックを解除し、フタを開けると...

鍋の中身はこんな感じに仕上がりました。

豚の角煮の完成です。

お肉もいい感じに柔らかくなって、味もよくしみ込んで美味しかったです。

まとめ

使い始めは操作に慣れない部分もあると思いますが、ロックの開閉や圧力設定の操作が簡単なので一通りの流れを一度覚えてしまえば扱いが楽です。

料理に合わせて圧力を変えられるので、溶けやすい野菜なども低圧で調理すれば溶けずにすみますし、固いお肉も高圧で調理すれば柔らかく仕上げる事も出来ます。

安全面に関しては、調理中に圧力が基準値以上になった場合、圧力調整弁、安全弁、パッキングの働きでなべが自動的に中の圧力を一定に保てるように調整する安全システムが作動するようになっています。

さらに安全ピンの働きでふたがしっかり閉まっていない場合は圧力がかからないし、圧力中は絶対にふたが開かない仕組みをしています。

以上の点から非常に安全を配慮した設計になっています。

短時間で安全に美味しく料理を作るならティファールのクリプソアーチがおすすめです♪