面倒な生ごみ処理も解消!袋を引っかけるだけのゴミ箱!

三角コーナーは必要か?

生ごみ用のゴミ捨てとして三角コーナーを設置している家庭もあるかと思いますが、本当に必要なのでしょうか?

生ごみを捨てやすく非常に便利ですが、その反面デメリットもあります。

不衛生のかたまり

三角コーナーに捨てるのは生ごみであって腐敗しやすいです。腐敗が進むとカビやぬめりが発生し、さらにはコバエ、腐敗臭なども発生します。

毎回料理をする度に生ごみを捨てたり、洗ったりしなければならないので手入れが面倒ですよね。

スペースが狭くなる

三角コーナーが置いてあるとシンクのスペースが狭くなってしまいます。そうすると洗い物の時など三角コーナーが邪魔で食器が洗いにくいです。

洗い物をするときぐらいは、広々と使いたいですよね。

三角コーナーにとって代わる便利アイテム

山崎実業 ポリ袋エコホルダー タワー 」は三角コーナーのデメリットを解消してくれるキッチンアイテムです。

 生ごみを簡単に捨てられる

imgrc0067609601

本体にポリ袋やビニル袋をセットし、あとは生ごみを入れるだけ。捨てる時は本体から袋を取り外し口を縛ればそのまま捨てることができます。

これなら掃除の手間も省け、手を汚さずに捨てられるので使い勝手がいいですね。

716nkvrleul__sl1500_

袋がズレてしまわぬように、先端4か所ににすべり止めのシリコンキャップが付いています。

干し場所にも使える

imgrc0067609605

洗ったペットボトルや紙パック、フリーザバッグなどを引っかけておけば干し場所としても活躍してくれます。

51eltgkzuxl__sl1001_

スリムに折りたたむことができるので、収納場所にも困りませね。

口コミとまとめ

高評価

  • 清潔に保てる
  • 場所を取らないのでキッチンがスッキリした
  • 普通のゴミ入れとしても使える
  • 折りたためて便利
  • 生ごみを捨てるのが楽

低評価

  • すべり止めのシリコンキャップが取れる
  • 小さすぎる
  • 使わないときは逆に邪魔
  • 錆びてしまった

三角コーナーを使っていると掃除などの手入れが面倒ですし、シンクに置いているとスペースが狭くなってしまいます。そのようなデメリットを解消してくれたのがこの商品ではないでしょうか。

三角コーナーを中継して捨てるより、直接袋に捨てた方が早いので作業効率もいいですね。
シンク以外にも色々な場所に置けるので自分が作業しやすい場所に置けるのも高評価に繋がっていますね。

もっとも意見が多かったのがすべり止めのシリコンが外れてしまうことです。対策として接着剤で止めた方もいるようですが、それでも取れてしまうことがあるようです。なので扱いには十分注意した方が良さそうですね。

使い方次第で色々引っかけられそうなので試してみるもの面白いかもしれませんね。