コードレス掃除機選ぶなら、マキタ充電式クリーナー!

今まで掃除機は持っていたんですが、引っ越しを機に新しく購入することにしました。

条件としてコードレスであること、尚且つ吸引力がある掃除機を考えていました。

コードレスクリーナーの代表格と言えばダイソンですが、あの電動工具メーカーのマキタも掃除機を出していることを知りました。マキタのコードレスクリーナーをネットで検索すること数日、購入することを決めました。

マキタの掃除機を選ぶポイント

購入する際に参考にしたポイントを3つにまとめてみました。

バッテリーサイズ(吸引力)の選び方

まずは吸引力のパワーが迷う部分ではないでしょうか。コードレスクリーナーの印象と言えば手軽に掃除できるイメージですが、その反面コードありの掃除機より吸引力が弱そうなイメージもありますよね。

マキタのコードレスクリーナーは色々種類がありますが、具体的に何が違うと言いますとバッテリーのボルト数ですね。

  • 7.2V
  • 10.8V
  • 14.4V
  • 18V

ボルト数はこの4種類に分類されます。ボルト数が大きければ大きいほどパワー、重量、値段が上がり、デザインも違ってきます。

集塵タイプはカプセル式と紙パック式

s-16071912

集塵タイプにはカプセル式と紙パック式があり、それぞれメリット、デメリットがあります。

カプセル式

  • 紙パック代が掛からない
  • 紙パック式より吸引効率が良く、集塵容量が多い
  • カプセルを開けてごみを掻き出すように捨てるが、そのとき中の埃が舞ってしまう

紙パック式

  • 紙パック代が掛かる(1枚40~50円程度)
  • ゴミを捨てる時に、紙パックだけを捨てればいいので、埃が舞わず捨てるのが簡単

トリガ式とワンタッチ式のスイッチ

s-16071923

トリガ式スイッチとは、トリガをおさえている時だけ掃除機が動き、トリガを離すと止まるタイプです。なので無駄なバッテリーの消費を抑えたい人向けですね。

ワンタッチ式スイッチとは、ONとOFFのボタンがありONの状態だと連続運転ができOFFを押すと停止します。トリガ式と違って常にトリガをおさえる必要がないので指が疲れません。

これまでのポイントがまとめられたマキタの掃除機の特徴は、マキタ公式ホームページにある電子カタログで閲覧できます。

マキタ充電式クリーナー14.4Vを選んだわけ

私が購入した「マキタ 充電式クリーナ 14.4V CL141FDRFW」は、カプセル式+ワンタッチスイッチの14.4Vです。
もともとマキタのバッテリーを持っていなかったので、バッテリーが付属しているこのタイプを購入しました。バッテリーをお持ちの方は、本体のみの購入も可能です。

カプセル式にした理由

ただ単に毎回紙パックを購入するのがめんどくさいからです。(笑)10枚セットで売ってるからそんなに頻繁に買うものではないと言われそうですが、紙パックがなくなった時の恐怖感といずれ無くなると考えるのが嫌だからカプセル式にしました。

ゴミを捨てる時に埃が舞うデメリットですが、マスクして風呂場や外でビニール袋でカプセルを覆いながらゴミを捨てるようにすればそこまで埃が気になることはなかったです。フィルターは外して水洗いや刷毛を使ってゴミや埃を払い落としながら掃除します。

埃やごみを捨てる手間などが気になる方は紙パックを選ぶのもいいかもしれません。

ワンタッチ式にした理由

img_3171

これもただ単にトリガをずっとおさえているのがめんどくさいからです。(笑)ワンタッチ式はHIGH/LOWのボタンを押すごとに強/標準と吸引力を切り替えることができ、使い勝手がいいです。

ぜひワンタッチ式スイッチをおすすめしたいです。

14.4Vにした理由

img_3173

パワーがあって、絨毯とカーペットも問題なく掃除できるということで最初から14.4Vか18Vしか選択肢にありませんでした。パワーは18Vが最強ですが一般家庭で使う分には14.4Vでも申し分ないとの情報と、値段と掃除機の重さを考慮して14.4Vが最適だと思い決めました。

(2016年10月現在)カプセル式+ワンタッチスイッチの条件を満たしている掃除機は14.4Vと18Vのバッテリーモデルしかありません。

LEDライト付き

img_3163

img_3166

img_3167

14.4Vと18VにはLEDライトがついていて、稼働時に点灯するようになっております。棚の下や暗い場所などを掃除するときは非常に助かります。

充電時間と稼働時間について

img_3176

充電器はゴツくてかっこいいです。
充電方法はバッテリーを充電器の左側のソケット部分にスライドさせるようにはめ込むだけです。

img_3178

充電中はブーンと音がなり若干うるさいですが、うるさい場合は他の部屋で充電しておけば問題ないでしょう。

仕様
充電時間 約22分
連続使用時間 強約20分
標準約40分
特徴 急速充電
継ぎ足し充電可能

充電時間は約22分とかなり早いので、充電中に他の用事を済ませておけば、あっという間に完了してくれますね。

連続使用時間も強約20分、標準40分となっていますので、階段や各部屋など家全体を掃除するには問題なく使える時間ですね。

バッテリーの互換性

以前マキタの「コーヒーメーカー」を紹介しましたが、マキタの強みと言えばバッテリーの互換性です。

http://zakka-a.com/2016/10/29/post-390/

マキタの他の製品で同じボルト数のバッテリーであれば使用可能です。その種類は豊富で日々増えていっているのでチェックしてみるのも面白いかもしれません。

まとめ

コードレスクリーナーはどうなの?っていう疑問がありましたが、思った以上にコンパクトで手軽さや吸引力ともに満足しています。

マキタの掃除機を買う場合は14.4Vか18V迷うところだと思いますが、僕が半年使った感じは14.4Vでも十分ストレスなく使えることができました。更にパワーを求めている人には18Vがいいかもしれませんので、そこはもう好みの問題ですね。