電動工具?いえコーヒーメーカーです。

緑あふれる木々、川のせせらぎ、休日は大自然の中でキャンプやアウトドア、
ハイキングなんかをして思いっきり羽を伸ばしたいですよね。
そんな普段とは違った大自然の中で淹れて飲むコーヒーは格別です。

最近ではアウトドアコーヒーを気軽に楽しめるグッズやアイテムなんかも
販売されていますよ。

アウトドアでも使えるコーヒーメーカー

12021052_565e4ef093c6f

電動工具メーカーマキタの「充電式コーヒーメーカー」ならアウトドア
コーヒーを気軽に楽しめます。

バッテリー式のコーヒーメーカー

makitaだけあって、稼働にはリチウムイオンバッテリーを
使用して動くようになっています。
(電源コードも付属されているのでそちらでも稼働します。)
バッテリーさえあればコーヒーをどこでも淹れられるので
外で使用するには重宝しそうですね。

バッテリーはマキタのBL1830(容量3.0Ah)、BL1840(容量4.0Ah)、
BL1850(容量5.0Ah)が使用できます。
(バッテリーは別売りになっています。)

各バッテリーとACアダプタの作業量

image22

一度の充電で上記の量のコーヒーがドリップでき、ドリップ時間は
いずれも約7分です。

image12

電源コードの場合は何杯でも淹れられ、ドリップ時間は3分です。

コーヒーの淹れ方

給水カバーをあけると、中に「LIMIT」と突起が出ているので
その高さまで水をいれます。(水タンク容量は150ml)

image03

フィルターを取り出して、挽いた珈琲豆を付属の計量スプーンで
いれ再び本体にセットします。

image05

あとは電源ボタンを押せば赤く光ってドリップが開始され、終わったら
自動で電源が切れます。
抽出温度は約70℃でドリップされます。
コーヒーがおいしく飲める温度は60~70℃と言われていますので、
これならおいしく飲めそうですね。

口コミとまとめ

高評価

  • 思ったほど味は悪くない
  • バッテリーさえあればどこでもドリップできる

低評価

  • 一回の充電で2~3杯しか淹れられない
  • 缶コーヒーを買った方が早い
  • 一度に淹れられる量が少ない(150ml)
  • 効率が悪い

マキタ独特のあの色合い、電動工具を思わせるようなフォルムは
マキタマニアにとってはたまらないでしょう。
電動工具のメーカーなので皆さんはあまり馴染みがないと思いますが、
建設現場なんかでよく見かけたりします。

コーヒーメーカーのみの販売なのでマキタのバッテリーを持っていない
方はバッテリーの購入が必要です。
さらに言うとバッテリーの充電器も必要になってきます。

そこまでして飲む必要があるのかと思ってしまいますが、バッテリーを
一度買ってしまえば他の電動工具でも使えるのが強みと言えるでしょう。
効率的には疑問視するところもあると思いますが、それでもアウトドアで
コーヒーをドリップして飲めるのは魅力的ではないでしょうか。

マキタの電動工具を持っているユーザーにとっては敷居は高くないでしょう。
現場で飲むコーヒーもまた違った味わいを出してくれるかもしれません。

by カエレバ