手間をかけずに簡単調理!レンジでパスタ!

パスタを茹でるときの手間

パスタも自宅の食卓にでる時代になりましたよね。
茹でてソースと絡めるだけなので、忙しい時にはサッと
作れる料理ですよね。

ただパスタを茹でるときって、失敗したり手間になったり
しませんか?

  • 大きめな鍋とたっぷりの水を使う。
  • 沸騰してからじゃないとパスタを投入できない。
  • 水が少ないと鍋の縁にパスタがあたって焦げてしまう。
  • タイマーを測るのが面倒。
  • 洗い物が大変。

チンして出来ちゃうパスタ

img_3146

レンジでパスタ」はその名の通りレンジでパスタを
茹でることができるグッズです。

パスタの分量をはかれる

img_3147

蓋に計量穴が開いてます。この計量穴を使ってパスタ1人前(100g)と
2人前(200g)をはかることができます。
市販のもので束になっていないタイプのパスタがあっても、これなら
問題なく分量をはかれます。

水の分量が一目で分かる

img_3142

鍋でパスタを茹でる時、水を結構使いますよね。
このレンジでパスタは容器の側面に目盛りが表示されているので
分かり易く、水の量も少なく済みます。

ゆで時間は?

img_3144

少し見にくくて申し訳ないです。
鍋でゆでる時間にプラスとは、市販のパッケージに書いてある
ゆで時間のことです。

パッケージにゆで時間5分と書いてあったら
1人前を600wで調理する場合は4分+5分で計9分となります。

湯切りも簡単

img_3141

湯切りをするとき、ザルは必要ありません。
容器の蓋に湯切り用の穴があいているので、素早く
簡単にできます。

ゆであがったら、あとはソースと絡めるだけです。

口コミとまとめ

口コミ

  • 簡単にパスタがゆであがる
  • 湯切りがしやすい
  • 鍋を出さなくていい
  • ゆで時間が長い
  • パスタの太さによって仕上がりが違う
  • 鍋の方が美味しい

実際使った感じとして、手間をかけず手軽にパスタができるのが便利だと
思いました。
鍋やザルの準備をしなくていいし、水も少量で済むのが良いです。
レンジでチンして湯切りするときは容器が熱いので注意が必要ですね。

味覚は人それぞれだと思いますが、鍋でゆでた時とさほど変わらず
普通に食べられました。
ただ鍋と違ってレンジだとゆで具合が途中で確認できないので、仕上がりには
違いがでます。

鍋や味にこだわらなくてもいい方ならおすすめしたい一品です。

by カエレバ