キャスター付きで移動も簡単!マッキンリーのスリムライスボックス!

米びつを選ぶなら

選ぶポイントとして容量やサイズ、使いやすさでしょうか。キッチン周りはデッドスペースが意外と存在するのでうまく活用したいですね。デッドスペースをうまく使うならスリムな形状を選ぶのが良いでしょう。

お米がたくさん入っている状態だと移動させるのも大変ですので、移動が簡単にできるタイプを選んでおけば掃除の際などは非常に楽です。

スリムなのに大容量な米びつ

img_3130

マッキンリースリムライスボックスはスリムで大容量な米びつです。キャスター付きなので移動もラクラク。

スリムなのに収納量がある

サイズは幅10.0×奥行40.6×高さ67.1cmとなっており、縦に長いスリムな形状になります。米収納量は約12キロと大容量なタイプになります。

キャスターと取っ手が付いて使い勝手がいい

img_3089

底に4つキャスターがついており、多少重くても移動が簡単にできます。なので掃除をする際などは楽です。

img_3134
取っ手も付いているので手前に引き出すときは非常に楽に移動させることができます。キャスターと取っ手いずれも組み立て式になっています。

一合単位で取り出せる

img_3133
レバーを下に押すとお米一合分が下の受け皿に落ちるようになっており、一度で最大四合分のお米を取り出せる仕様になっています。

投入口が狭い

img_3132
唯一改善点をあげるならば、お米の投入口が狭いところでしょうか。やはりこのサイズだと投入口が狭いので、袋から直接お米を入れるとき慎重にやらないと外にこぼれてしまうことがあります。

口コミとまとめ

  • スリムで使い勝手が良い
  • 狭いスペースにうまく収まる
  • 半合があれば良かった
  • 蓋に気密性がない
  • 投入口が狭くてお米が入れづらい

ちょっとしたスペースがあれば置き場所に困らず、取っ手とキャスター付きなので移動が楽ですね。スリムな反面投入口が狭いのがちょっと不便と言ったところでしょうか。スリムに特化したライスボックスです。